長期的なスパンで考える!子供の矯正治療のこと

長期的なスパンで考える!子供の矯正治療のこと

矯正治療の重要性について

歯並びは食べ物を噛むときに重要であることはもちろん、発音や審美性の観点からも適正にしておくことが大事であると言えます。歯並びを適正にする治療である矯正治療は開始する時期や症状の程度によってさまざまな方法があります。

子供の矯正治療の目的について

子供のうちに矯正しておいた方がいいと判断された場合にはできるだけ早めに相談しておくことが大事であると言えます。なぜならば、子供のうちの矯正においては時期が遅いと歯を抜いて矯正する可能性もあるからです。できることなら歯を抜かずに矯正をすることが望ましいです。そのためには顎のスペースを確保する必要があります。歯並びが悪くなる原因のひとつが顎の骨の広さが十分でないことによることが挙げられるからです。そのためには早めの治療がポイントとなります。

子供の矯正治療の流れ

子供の矯正治療においてはまずは相談をすることから始まります。そこからまずは検査を行います。検査は頭蓋骨など骨格のレントゲン撮影や顔全体の撮影などが行われます。これは患者それぞれの歯の生え方の特性を調べて、どのくらいの角度で矯正する必要があるかを検討するためです。そのため、一度クリニックに通ってすぐに必要な装置を装着するということはなく、検査を行い、その結果に基づいて装置の製作が行われて取り付けという流れになります。クリニックによっては矯正治療の日にちが決められていることもあるので長期的なスパンで予定を考えておくことが大事なことであると言えます。

出っ歯の矯正は効果が出るまで時間がかかることから、体に負担がかからず安全な方法で治療を行うことが大切です。歯列矯正に詳しく、治療後の検査も適切に行う歯科医院を選ぶのが出っ歯の解消に繋がります。