意外と簡単?レーザーでのほくろ除去をチェック

意外と簡単?レーザーでのほくろ除去をチェック

レーザーで簡単に除去できる

泣きボクロなどほくろはチャームポイントになることもあれば、逆にコンプレックスになってしまうこともありますよね。ほくろがコンプレックス・・という人はレーザーで取ってみてはいかがでしょう?ほくろの大きさなどにもよりますが、今はレーザーを照射するだけで簡単に除去できるようになっています。顔にメスを入れたり縫合することもないので、傷跡が残るということもほぼありません。

レーザーの種類を確認

レーザーでのほくろ除去治療の場合、炭酸ガスレーザーとQスイッチレーザーという2種類のレーザーが使われています。炭酸ガスレーザーは肌に含まれる水分に反応して、ほくろ全体を蒸散させ削り取るような治療です。5ミリ以下の小さいほくろは炭酸ガスレーザーでの治療が向いています。Qスイッチレーザーは、ほくろに含まれるメラニン色素に反応するレーザーです。盛り上がっているほくろの場合、Qスイッチレーザーだけだと除去することが難しいので、炭酸ガスレーザーと併用して治療を行うクリニックが多い傾向にあるようですね。

施術後は紫外線に要注意

レーザーでのほくろ治療は施術後、傷跡が残り難いとして人気です。ただし、施術後のケアが不適切だとシミのような色素沈着が、残ってしまうケースもあるので注意しましょう。レーザーを照射した患部は、とても紫外線の影響を受けやすくなっています。何も対策せずに紫外線を浴びてしまうと、色素沈着を起こしやすいようです。施術後は紫外線を通さない特殊なテープで患部を保護するなどして、色素沈着ができないようにケアすると良いでしょう。

ほくろ除去はレーザーなどを使った方法があり、美容外科・皮膚科といった専門医のカウンセリングをした後で手術を行うのが一般的です。